腸内フローラ改善 世界ふしぎ発見にみる腸内細菌の真実

腸内フローラとは

腸内フローラというのは腸内細菌叢のことを意味します。フローラというのは、草むらを意味し、細菌類がつくる集落力が、色あざやかで、形がとてもきれいなところからこうい われます。

 

腸管には消化吸収の細胞だけでなく神経細胞も存在しており、その数は、108個にもおよぶということです。これは脳以外に分布する神経細胞の約半分です。免疫系に関していえば、全身のリンパ球の約70%が腸管に集中しており、抗体全体の70%が腸管でつくられているといいます。この事実は、腸管が免疫系に果たす役割が大きいということです。
腸内フローラ改善,腸内細菌とアンチエイジング,腸内細菌と花粉症,腸内細菌と脳,腸内フローラ改善,
神経系といい免疫系といい脳からできたシステムではなく、もともと腸のなかで、できていたシステムと見ることが自然な捉え方なのです。腎臓も腸から派生してできた臓器と捉える見解が有力ですし、最近では、腸が造血作用を担っているとする説までが、有力です。

 

腸内細菌叢は成人で約500種類以上、100兆個以上の細菌類、重さにすると1.5キロにもなるといわれています。胃の中に棲む細菌は強い胃酸のために1グラムあたり100ないし1000個と少なく、小腸上部でも1万個くらいですが、小腸下部では10万個から1000万個と急増し、大腸では100億個以上にもなります。つまり小腸下部から大腸や直腸にわたって、パクテロイデスやユウパクテリゥム、レンサ球菌、ビフィズス菌、大腸菌、乳酸菌、クロストリジゥム、ウエルシュ菌など多くの種類の細萌が、棲息しています。

 

 

では、何故、外敵かどうか?(免疫)とか体を動かす(神経細胞)といった高度な判断を伴う作用がが、脳ではなくて、腸管の中で行われているのでしょうか?
この理由は、食べ物を消化し吸収するという、消化管としての機能に由来すると考えられています。

 

口から入る食べ物には、毒性のあるものが多く含まれています。人の祖先はアメーバ系の単細胞生物に対して、ミトコンドリアが寄生した38億年前に遡ります。以来細胞分裂と光合成を繰り返して、脊椎動物へと進化しました。脊椎動物の特徴は、獲得免疫である抗体をつくる機能があります。無脊椎動物には、異物を排除する機能はあっても、抗体をつくる仕組みを持ちません。

 

脊椎動物は顎を有しており、噛んで食べ物を消化官に入れる結果、食べ物の範囲が広いことから、様々な異物が体内入り込んでしまいます。その結果、抗体を作って、効率的な異物の排除を行う必要があります。実際ナツメウナギは、顎のない脊椎動物ですが、噛むことがないため、その腸内に抗体がないことで有名な生き物です。

 

このような腸の有する、異物を、排除する機能からすれば、腸内細菌は本来異物ですから、排除されてしかるべきです。しかし38億年前にアメーバ系の単細胞生物に対して、ミトコンドリアが寄生して人の祖先の元となったように、ここでも微生物である細菌が、体の中に寄生して、お互い持ちつ持たれつの関係を築きました。

 

微生物は腸内で人の食べ物をエサとしつつ、人にとって有用な酸を排出します。この酸によって人の免疫を活性化させたり、神経細胞を活性化させたりします。

 

優れた乳酸菌の出した成分のサプリ